腱鞘炎

手首の親指側で腱のトンネルになっている部分が狭くなるために手首や親指を動かすと痛みを生じる病気です。注射で良くなる事もありますが、手術によってトンネルを広げる事が確実な治療法です。

腱鞘炎は、おおむね「ばね指」と「ド・ケルバン腱鞘炎」の2つの場合が多く見受けられます。

1.ばね指

ばね指ばね指の多くは屈曲時の痛み、あるいは指を曲げた後に伸びない「引っかかり」として現れることが多いようです。症状は特に朝起きがけに著明に見られることがあり、時間がたつにつれて次第に動かすことが出来るようになります。「引っかかった」指を伸ばすときがあたかもバネがはじけるさまに似ることから、「ばね指」と言われます。一般的には親指、中指、薬指に多いようですがどの指にも起こります。このばね指を長く放置しておくと関節の動かしにくさが次第に固定化されて、いわゆる関節拘縮という状態を起こすことがあります。この関節拘縮は指の先端から数えて2番目の関節(PIP関節)に起こることが多く、関節が曲がってしまって伸びなくなってしまいます。一度関節拘縮を起こすとその治療は大変難しいため、そうなる前に治療することが望まれます。

ばね指の原因について

ばね指の原因の図解最初の図の2本は親指を、次の2本の図は親指以外を表しています。指を曲げる原動力は前腕の筋肉にありますが、その力を指に伝えているのが腱と呼ばれる丈夫な組織です。特に指を曲げるための腱は太く丈夫で、親指に1本、他の指に2本ずつあります。これらの腱は関節を挟んだ指の骨にそれぞれ付着していますが、筋肉の収縮力を指の屈曲力に変えるために、関節を挟んだそれぞれの指の骨に丈夫なトンネル構造があり、その中を腱が通ったあとに骨に付着しています。このトンネルがないと腱はちょうど弓の弦のようになり、力を正しく伝えることが出来なくなってしまいます。図の薄い紫で示したところはこの頑丈なトンネル構造を示しており、靱帯性腱鞘と呼ばれています。一方このトンネルを通る腱ですが、そのままではトンネルとの摩擦が大きすぎてしまします。そこでトンネルとの間にヌルヌルの液を含む薄い袋状の構造物を介することによって、腱とトンネルの摩擦を防いでいます。図では薄い青に着色した部分がそれで、滑膜性腱鞘とよばれています。
この滑膜性腱鞘に何らかの原因で炎症(図の赤色の部分)が起きて、腫れが起こると腱の動きが悪くなります。さらに悪化すると炎症は靱帯性腱鞘にまで及び靱帯が厚くなり、さらに腫れた滑膜性腱鞘が器質化してさらに厚くなり・・・と悪循環に陥ります。ばね指の特有な症状はこのような原因によって起こります。

ばね指の治療法

ばね指の治療は炎症が軽い場合は、急性期の安静とその後のゆっくりしたストレッチングで症状が軽快することがあります。症状が持続する場合は、局所麻酔剤と副腎皮質ホルモン剤の混合液を腱鞘内に注射する場合があります。

副腎皮質ホルモンは炎症を沈静化し、局所麻酔剤は痛みを軽減しますので、注射直後から症状が軽くなることを実感できる場合が多いようです。しかし、症状が重い場合はその効果も長くは続かないため、注射を繰り返すことも多々あります。一方、この副腎皮質ホルモンは単に炎症を抑えるだけではなく、組織の萎縮を来すことも知られています。端的に言えば、注射を繰り返すと腱そのものが萎縮、すなわち細くなってしまう危険性があることを念頭に置かねばなりません。数回の注射にもかかわらず症状が再発する場合は手術を考慮しなければなりません。というよりも、明らかなばね指で症状が強い場合は最初から手術という選択肢を念頭に置く必要があると思います。

手術について

ばね指 あらかじめ局所の麻酔を行い完全な無痛が得られた段階で、ばね指を起こしている腱鞘の直上の皮膚を約1cmの斜めに切ります。斜めに切る理由は、もし病巣が指先の方まで及んでいることがわかった場合にも、ジグザグにキズを広げて対処することが出来るからです。
ばね指 この斜めの切開線からキズを分けて腱鞘の直上にまで達します。この時丁寧な操作によって原因となっている腱鞘(A1腱鞘と呼ばれています)そのものを露出し、直に観察することが重要です。直視することにより、腱鞘の状態を把握できるだけでなく、その両わきにある動脈や神経を傷つけることが無くなります。次に、確認した腱鞘を先ず指先の方に向かって切り開きます。この時さらに指先の方にあるもう一つの腱鞘であるA2腱鞘は傷つけません。次にA1腱鞘の中枢を観察し、手掌腱膜と呼ばれる組織によって構成される隔壁も切り開きます。
ばね指 最後にキズから腱を引き出して指の動きを確認します。
ばね指 キズは細い糸で丁寧に縫合します。この糸はおよそ1週間から10日で抜糸します。

 

ばね指 腱鞘切開を行うときに注意深く観察すると、靱帯性腱鞘の肥厚に加えて、滑膜性の腱鞘の肥厚や粘液嚢腫を合併していることもあります。

2.ド・ケルバン腱鞘炎

ド・ケルバン腱鞘炎ド・ケルバン腱鞘炎の痛みの場所は手首の親指側です。特に、親指を握って手首を小指側に曲げたり、親指を思いっきりのばしたときに痛みが増強します。このド・ケルバン腱鞘炎も発症の原理はばね指と同じで、治療についてもばね指とほぼ同じと考えてよいでしょう。

 

 

 

 

親指を伸ばす腱は右図aに示す通り3本あります。そのうち2本(長母指外転筋腱と短母指伸筋腱)は手首の親指の付け根側にあり、ここが、ド・ケルバン腱鞘炎で痛みを起こす場所になります。この二本の腱も水色で着色した滑膜性腱鞘に包まれ、さらに靭帯性腱鞘によって覆われています。この近くには右図bの黄色い線で示すように感覚神経が走っていますので、手術では神経を傷つけないように気をつけねばなりません。

手術について

ド・ケルバン腱鞘炎

手術はばね指と同様に局所麻酔で行います。麻酔後腱鞘直上の皮膚を,皮膚のしわにそってやや斜めに2cmほど切開します(図I)。その時、先述した神経を傷つけないようにしなければなりませんので、皮下の神経や組織をよけながら腱鞘を確認し、切開します(図II)。いったん腱鞘を切り終えたと思ってもさらに隔壁が存在する事がありますのでその隔壁も完全に切開し、2本の腱を解放します(図III)。

完全に解放された事を確認した後に、皮膚を丁寧に縫合して手術を終了します(図IV)。この手首の縫合では形成外科的縫合法により、傷跡を最小限にするように丁寧に行います。また、場合によってはキズに血液が溜まる事を防ぐためにシリコン製の細い管を入れて、次の日に抜く事もあります。

術後は軽く指を動かしていただきますので、軽度の作業は可能です。また、抜糸はおよそ1週間後に行います。

ばね指、ド・ケルバン腱鞘炎の術後について

以上、ばね指とド・ケルバン腱鞘炎の治療についてみて参りましたが、どちらの場合も術後のリハビリは欠かせません。

手術が成功した場合でも、指の曲がりや動かしたときの痛みがしばらく続く事があります。詳細に検討しますと術前の痛みとは異なっているのですが、術後にちっとも痛みが取れないと思われる方も多いようです。

これは、簡単に言いますと腱鞘炎の悪影響が患部以外に及んでおり、手術で患部が治った後もその悪影響が残存していると考えていただければよいと思います。これを治すには、先ほど書きましたリハビリが欠かせません。

もちろんこのリハビリはご自分でやっていただく事が基本になりますが、そのやり方についてはご指導いたします。